« ◆Book型収納が生まれるまで(2) | トップページ | ◆リモコン収納ケースがトイレで活躍!? »

2011年10月13日 (木)

◆捨てる前に。洋服カバーの再利用/油の処分編

Shuri

秋を感じに京都府綾部方面へバイクで出かけ、篠山で黒豆枝豆を

ゲットしました。

おまけで枝付きの柿をいただき、気分はすっかり秋です~catface

かやぶき屋根の民家が残る美山ではほのぼのしてきましたよ。

Photo

さて、みなさん衣替えは進んでますか~?

衣替えの際には是非、こちらのページを参考にしていただければ

幸いです。↓↓↓

収納ビギナーさんもつまづかない!

ステップアップ方式のクローゼット収納術!

私はTシャツなど少し夏物を片付け、羽織るジャケットをいくつか出した

程度で衣替えはまだまだこれからですが、ジャケットに掛けていた

カバーの再利用法をご提案しようかと。

以前、yukiさんがカバーの不織布を切って、お掃除に使っていましたが、

私は不織布の特徴を活かして、てんぷら油の処理をしてみました。

まずは洋服カバーのふち巻きやファスナー、透明窓部分を除いて、

てんぷら鍋に入る程度のサイズにカット。

ならべていると見計らったようにウチの怪獣“ミミ”が存在を

アピールしてきて、ノビノビ~。

1

なんで猫って紙一枚でも高いところ(?)に上がりたがるんでしょうね。

気を取り直して、カットしたシートをてんぷら鍋に入れて油を吸わせます。

Photo_3

これなら、油を固めて処理するものをわざわざ買わなくても、油が処分

できます。しかも、固める処理剤とは違い、油が冷えていても処理が

できるので、タイミングを選ばないのもいいかなと。

何故、そんなことが出来るかというと、ポリプロピレン不織布が持つ

“親油性”の特徴にあります。

漢字の通り、油と親しくなる性質のことで、収納の巣で扱う不織布タイプの

洋服カバーはその性質を持つポリプロピレン製なんです。

(浸み込んでいるの、わかります?!)

Photo_4

テレビでご覧になったことがあると思いますが、タンカーから重油が流出!

という海難事故で、海に広がる重油を回収する吸着材がポリプロピレン

不織布で出来ているので、その機能性は確かです。

ちなみにポリプロピレン不織布は“親油性”はあっても“親水性”は

ないので、水は浸み込みません。

あらためて言うのもなんですが、湿気を吸わないところは洋服カバーの

素材向きということですね。

*****************************

親油性については書いていませんがsweat01ポリプロピレン不織布の特徴は

安全性と共にこちらのページでご紹介しています。

↓↓↓

【布・不織布素材の『特徴と安全性』について】

Photo_5

« ◆Book型収納が生まれるまで(2) | トップページ | ◆リモコン収納ケースがトイレで活躍!? »

■全体」カテゴリの記事

□洋服カバーのこと」カテゴリの記事

・衣替え」カテゴリの記事

・モノを手離す・処分する」カテゴリの記事

・hamagoo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563525/52974920

この記事へのトラックバック一覧です: ◆捨てる前に。洋服カバーの再利用/油の処分編:

« ◆Book型収納が生まれるまで(2) | トップページ | ◆リモコン収納ケースがトイレで活躍!? »

Profile

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント5スクリプト

facebook

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想