« ◆シリカゲルの威力を再発信♪ | トップページ | ◆吊り下げ式衣類収納棚*ウェアホルダーが送料無料 »

2015年3月17日 (火)

◆お片づけステップ・ワークショップ @積水ハウス una sora casa ご参加ありがとうございました

Yuki_f3

こんにちは!収納の巣 ユキです。

3月14日(土)積水ハウス様 のモデルハウスuna sora casa (なんば住宅博内)にて

「クローゼットに春の新風を お片づけステップ・ワークショップ by The CLOSETS 」

を開催させていただきました。

Img_9283480x360

内容は、収納の巣でご提案している「収+活(しゅうかつ)4ステップ」に沿って、

いろいろなワークを交えながら楽しくお片づけの手順を学んでいただくというもの。

モデルハウスの入り口では

The CLOSETS フラッグのパンダちゃんがお出迎えし‥

Img_92791480x360



リビングルームでは

このお家の魅力を積水ハウスの小川氏がご説明くださり(皆さん感心しきり!)‥

Img_92891480x360

そして会場のお部屋に移動してもらうのですが、そこはなんとベッドルーム!

打ち合わせに伺った際にこのお部屋があまりに心地よかったので、

リビング等でなくあえてこちらを選ばせてもらったのです。

ふかふかのベッドの上でもワークがしやすいように、

ダンボールの画板を特別に作って持ち込みました~。

(The CLOSETS の相方、堀内さんがインテリアデザイナーでありながら

ダンボール素材を熟知しているという方で…笑)

Img_9371480x320

ベッドルームは2階なんですが、

このお家の要である中庭↓から陽がさしこみ、気持ちがいいのです。

空間の持つ力はすごいですね~。

皆さんとゆったりリラクシングな時間を過ごすことができました。

Img_9317480x360

さて、ワークショップの流れに戻りますね。

まずクローゼットの何にモヤモヤを感じているか、

またどんなクローゼットが理想かを意識にあげていただいたあと、

ご自身のモノ(洋服)の持ち方の傾向を知ってもらうための

分類シュミレーション・ワークをしてもらいました。

Img_9300480x360

Img_9328480x360

30着の洋服のイラストを4つのカテゴリーに分類して行く作業がそれなんですが、

それぞれの個性や特徴が出て、手前味噌ながらこれがとても興味深いのです。

例えば「好き」と思っている洋服でも、

着心地や状態、サイズ感など別の要素が掛け合わさると

案外袖を通していなかったりします。

ではその洋服とそのまま付き合いを続けるのか、

手を加えて新しい関係を築くのか、お別れするのか、という判断。

また、好きは好きでもただデザインが好き、褒められたことがある、

大切な人からいただいた、蘇る思い出がある、などいろいろあって

普段は意識していなくても、感情の深いところから見えない糸が出ていて

そのモノをつなぎ留めていることがあります。

自分どんなモノをつなぎ留めがちで、これからもそれをつなぎ留めたいのか、

今の自分、これからの暮らしには必要がないと思えるのか。

そんな風にモノと向き合ってみるための入り口、と位置づけているワークです。

仕方がないと諦めていた衣替えの大変さを改善できるかも、と話してくれた方、

手放せるわけがないと思い込んでいた「着ないけど大好き」な洋服との

付き合いについて真剣に考えてみよう、と言ってくれた方、

皆さんそれぞれにお片づけ第一歩へのとっかかりを楽しみながら

見つけていただいた様子でした。

他にもいくつかのワークやレクチャーを通して

収納の得手不得手に気づいてもらったり

ご自分にあった「収+活」を選んでいただくきっかけを提供したり。

そうそう、“やる気”になってもらったら

そのままのテンションで即お家で実践してもらえるように

「分けると分かる*モノと向き合うためのsu:tto分類シート」

お土産にお持ちかえりいただきましたよ。

Img_9386480x320

午前の部、午後の部共に、参加者の皆さんからは、

楽しかった! 思わぬ発見があった!

なんだか片づけられそうな気がする! 主人も連れてきたかった!

などなど、ありがたいご感想をいただき、The CLOSETSの相方 堀内さんと一安心。

さらに、以前 収納の巣で開催した

別のお片づけワークショップ体験済みながら今回も参加してくれた友人が、

こんな感想をfacebookに投稿してくれていたので、

許可をもらって転記させていただきます。

——————

きのうは、積水ハウスなんば展示場にある

素敵なモデルハウスでのThe CLOSETS のワークショップに行ってきました。

うちのクローゼット関係は、いけてないこともあるけれど、

そんなにいけてないこともないと思っていたわたし。

ワークショップを受けてみたら、今回も目からウロコが!

いつも工夫して、考え方のヒントや具体的な方法を

たくさん用意してくれる彼女たちのワークショップ、

本当にたのしいのです。

そしてお堅くシリアスになりそうなところも、多様性を尊重してやわらかく

先導してくれる姿勢が信頼できて気持ちがいいのです。

場所は素敵なお家の寝室でベッドを囲んで。

これがなんともあたたかな気持ちになって、

いけてないことさえ!余裕を持って振り返ることができ効果抜群。

ご一緒した初めての方とも親密な雰囲気になれました。

あたしゃこれでいいんだもーんと思っていたところも、

教えてもらった方法を当てはめたら

もっと面白くできるかもと気付かされて、とてもうれしく充実した時間でした。

収納が苦手な方はもちろん、得意な方も、

そんなに気にしてなかったわたしのような方も、

ぜひ一度ワークショップ参加してみてみて!この目からウロコ体験は面白いです。

お土産ツールもいただいて、あとは家での実行あるのみ!やるぞ〜♫

——————

なんとも嬉しいご感想。

ワークショップは私たちにとっても、

皆さんのお困りごとや収納事情を直接お聞きできるとてもありがたい時間ですし、

何が皆さんのお片づけスイッチになりえるか、

をリアルに感じることのできる貴重な機会です。

終了後のなにげないおしゃべりにも

たくさんのヒントがあったりするんですよね。

また張り切って企画せねば〜と気持ちを新たにしております。

楽しみにしていてくださいね!

« ◆シリカゲルの威力を再発信♪ | トップページ | ◆吊り下げ式衣類収納棚*ウェアホルダーが送料無料 »

■お知らせ」カテゴリの記事

▼スペースから」カテゴリの記事

・クローゼット」カテゴリの記事

▼スタッフから」カテゴリの記事

・yuki」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563525/61295322

この記事へのトラックバック一覧です: ◆お片づけステップ・ワークショップ @積水ハウス una sora casa ご参加ありがとうございました:

« ◆シリカゲルの威力を再発信♪ | トップページ | ◆吊り下げ式衣類収納棚*ウェアホルダーが送料無料 »

Profile

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント5スクリプト

facebook

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想